本文へスキップ

エレベーター・リフトなど、昇降機やその部品の輸入・販売を行っています。

機械室関係

エレベーター部品 > 機械室関係

UCMP(戸開走行保護装置)


UCMP装置(戸開走行保護装置)とは、文字通り扉が開いたままかごが上昇や下降運転をさせないための国土交通大臣認定の保護装置です。

エレベーターにUCMP機能を持たせるためには@ブレーキの二重化、A扉の開閉やブレーキの動作を確認するスイッチ、Bかごの位置を検出するセンサー、Cそれらを総合的に制御する制御装置で安全装置を構成します。
 

UCMPの動作
 
   
 



二重ブレーキ付き巻上機
  建築基準法の改正により、乗用エレベーターを設置する場合、国土交通大臣の認定を取得したUCMP装置の設置が義務付けられました。

法改正前のエレベーターでは、既存不適格扱いとなり、改修工事等により追加設置する事が努力目標になりました。

当社では、このUCMP装置について大臣認定を取得した製品を販売しております。(下記参照)
地震時管制運転制御装置も揃えており、国で定められた安全基準に対応しています。

またこのUCMPの制御装置は、コンパクトなため既存の昇降機に組み込み易くなっております。
 
   
 
Point
当社のUCMP装置は、エレベーターメーカーを問わず設置が可能です。
したがって後付けでの設置にも大変有利です。
交換・追加が必要な部品については、現場調査後に見積します。
その他遮煙扉・かご交換等の全面改修にも、対応できる製品を取り揃えております。


大臣認定書 
 
 MR-D1000型
認定番号:ENNNUN-1307
MR-9500型
認定番号:ENNNUN-1318 
 MR-D600型
認定番号:ENNNUN-1325






昇降機パーツ販売株式会社

〒365-0023
埼玉県鴻巣市笠原2753-8

TEL 048-541-4511
FAX 048-541-4500