本文へスキップ

エレベーター・リフトなど、昇降機やその部品の輸入・販売を行っています。

乗り場用部品

エレベーター部品 > 乗り場用部品

遮煙扉(大臣認定品)



 建築基準法の改正により、エレベーターの昇降路には遮煙性能を持たせる事が義務付けられました。


遮煙性能を持たないエレベーターは「既存不適格」となり、改修工事等の際は遮煙性能を持つ扉に交換するか、火災感知と連動した防火設備の工事を行うなどの処置が必要になりました。 
  遮煙扉外観図 
   
遮煙性能とは、左図のように、各階扉のすきま部分へ気密材を取り付けることで、煙がシャフト内を通して他の階へ回ってしまうのを防ぐ構造を指します。

遮煙性能を持った扉は、各メーカーが個別に国土交通大臣の認定を取得する必要があり、対応できる業者が限られているのが現状です。

当社は、両引き戸・片引き戸等の扉形式やドアパネルの枚数に応じてそれぞれ大臣認定を取得しております。
新設・リニューアル共に対応しており、部材での販売から必要ならば施工までのお手伝いもできます。

現場の図面を戴き、現場調査・打ち合わせをさせて頂いてからお見積りします。 




 
Point
遮煙扉として確認申請や変更申請をする場合「火災時管制運転制御」や「停電時自動着床装置」等の機能追加も必要になります。
既存のエレベーターがそれらに対応していない場合はその機能を持たせるため、制御盤や付随する部品の交換も必要になります。 


大臣認定書
 
   
2枚戸片引き
認定番号:CAS-0678

2枚戸両引き
認定番号:CAS-0660

3枚戸片引き
認定番号:CAS-0685

4枚戸両引き
認定番号:CAS-0668 
 


昇降機パーツ販売株式会社

〒365-0023
埼玉県鴻巣市笠原2753-8

TEL 048-541-4511
FAX 048-541-4500